本誌は、単に過去の医療事故を広報的な趣向で掲載していくのではなく、1つ1つの事例を法律家・医療従事者、双方の目を通じて解析し、裁判所が出した判断を正しく又は批判的に認識していくことに重点を置いた形で事例を紹介していきます。
そのため、各事例の冒頭サマリーでは、法律用語を極力省き、医療関係者にも理解頂ける言葉遣いや解釈を付記しています。これによって、裁判ではどのように理論が展開され、どのような手順を踏まえて判断し、結果として何がポイントとなって判断されたかが容易にご理解頂けるようになっております。
また、文中「専門医のコメント」において、臨床医による客観的な所見を見ることも大変重要なポイントと考えております。

『裁判において争点となった手技は、専門医から見て、どの程度難易度があるものか?』
『率直な見解として、今回の事故は、通常の医療従事者にとって防ぐのは困難な状況か?』
『今回の事故は、他の病院でも頻繁に発生する可能性はあるか?』
『自分が当事者だったら? 我が病院で行った場合、どう対応するか?』

など、できるだけ実際に臨床医学に携わる専門科の医師に所見を頂き、客観的な解釈も載せています。
こうした主旨をご理解いただき、本誌を病院の安全管理、若手医師の育成において活用して頂ければ幸いです。

求められる医療水準、術後の合併症、顕在しない疾患、回避不能な突発的な発症など、裁判で争点となる事柄においては、医療関係者が考える見解と、一般社会が抱く解釈とは、まだまだ乖離する点が多いように感じられます。
いま、全国の医療機関では、安全管理面の充実の対応に追われていますが、これと同様に、司法においても、医療現場の実態・本質を理解し、色々な手法を用いて的確な判断が出来るよう、各裁判所でも試行錯誤を繰り返しながら取り組んでいます。
本誌を通じて、お互いがお互いの実情・理論を正しく認識し、少しでも見解の乖離が解消できることを念頭において刊行していきたいと思います。
定価2,450円(税込み・送料別) 偶数月1回15日発売
お得な年間購読も御座います(1セット:年6冊 12,600円
(税・送料込み)

 
●次号予告 2018年12月15日発売予定 第77号(B5版・160頁)
●指標事例
1. 被殻出血で保存的治療中に血圧管理や左右の瞳孔径の確認を怠り、脳内血腫の除去術をしなかったなどとして損害賠償を求めた事例
  大阪地裁 平成29年4月25日判決 平成27年(ワ)第2897号
2. 処方前の視力検査を怠るなどの過失により抗結核薬の副作用である視力障害を発症し、両眼を失明したとして損害賠償を求めた事例
  秋田地裁 平成30年2月16日判決 平成28年(ワ)第128号
3. ゼリーを誤嚥した後、すぐに診察と検査を実施せず、入院患者を死亡させたなどとして損害賠償を求めた事例
  大阪地裁 平成29年12月13日判決 平成27年(ワ)第6624号
4. 腰背部痛を訴える患者に対して十分な問診を行わなかった過失があり、これにより腹部大動脈瘤の破裂を発見できなかったとして原判決を変更した事例
 

広島高裁 平成30年2月16日判決 平成28年(ネ)第143号

5. 肝多発腫瘍切除術後、イレウス一般を疑って鑑別診断のためにCT検査などを実施すべき義務を怠り、患者が死亡したとして損害賠償を求めた事例
 

札幌高裁 平成30年7月20日判決 平成29年(ネ)第428号

6. フルニエ壊疽の治療の際、ステンレス製ステープルの一部が体内に残存したことにより座骨に痛みが残ったとして損害賠償を求めた事例
 

東京高裁 平成30年3月8日判決 平成29年(ネ)第4444号

7.

左前下行枝にPCIとしてステントを留置後、経過観察を行う義務を怠り、患者が死亡したとして損害賠償を求めた事例
 

名古屋地裁 平成30年2月2日判決 平成27年(ワ)第4545号

(順不同・掲載変更あり)

| 医療判例解説の紹介 | 書籍のお申し込み | 会社案内 | ご意見・お問い合わせ | トップ |